自分が好きな自分でいる為に出来ること

  1. 散文

許せない人たち



 

過去に出会った人たちで

どうしても許せない人たちがいる。

 

心の中にふと現れては、

あのときと同じように話しかけてくる。

 

今あるつらいこと、

何もかもうまくいかないこと、

すべてがあの人たちのせい。

 

ほんとにそう?

 

あの日のあの人たちは、

もうあの人たちではなくなって、

あの日の事なんてもうとうに忘れて、

どこかで幸せに暮らしているかもしれない。

 

心を怒りに縛り付けているのは、

実は自分だけ。

 

あの人たちを許す必要は無いけど、

あの人たちを忘れることは出来るかもしれない。

 

あの人たちを許せなくても、

あの人たちを憎んでいた自分自身を

もしかしたら許せるかもしれない。

 

心を解放するために、

あの人たちとの心の鎖を切ろう。

心の中に作ってしまった

醜い鎖を断ち切ろう。

 

そうやって、

幸せに近づくことは

自分の力で出来るかもしれない。

 

そうやって、

自由になった心を

慈しむことで

 

☆—————————————–☆

「Amazonタイムセール」今すぐチェック!

ミュージック・クリップについて

ここで使用しているミュージックリップは、もう一つのブログ「MusicFreaks」での音源レビューのために作成されたものです。これらは作者自身が著作権登録をしていない「完成されていない作品の断片」です。

個別に楽曲制作等のご依頼はコチラよりお問い合わせください。

音楽とテキスト:MusicFreaks


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

散文の最近記事

  1. 大切なことを伝えるために

  2. 許せない人たち

  3. 大切なアナタに

  4. 記憶のまぼろし

  5. 父の背中

関連記事

PAGE TOP