自分が好きな自分でいる為に出来ること

  1. レビュー

Apple Extended Keyboard さらにまた!



 

ひとつの事を知ってしまったら、もうとことんハマってしまう悪いクセが出てきています😜以前の記事でも書きました、Apple Extended Keyboard。あれから海外でのオークションでいろいろ物色している日々が続いています。

そんなこんなで新しい仲間が増えました。

セカイモンでゲット

海外のオークションだと、本体と送料がほぼ同じになってしまうようなことがあります。アメリカでも田舎のほうで個人出品の場合、アメリカ国内と海外発送料金を合わせると、送料だけで1万円近くなることもあります。

今回のものは箱付きといういうことと、個人ワンオーナーということなのでかなり期待していました。発送がアメリカ国内のみしか対応していないということなので、セカイモンを利用しました。こちらを利用することでアメリカからの発送を代行してくれるので、日本への発送も可能となります。

NewImage 24

🚚届きましたよ−!

箱入り娘

このケースだけでもかなり値打ちあるんじゃないかな😛

NewImage 25

ほぼ新品です🔆ちゃんと梱包材もあって、なんと取説まで付いていました。

NewImage 26

これ日本のヤフオクとかだったら、かなりの値段になってしまうでしょうねー💓

使用感

前に漂白したもう一つのキーボードと並べてみました。手前が今回のもの、奥が以前に漂白したもの。こうやってみると、かなりイイところまで漂白できたということですね。

NewImage 27

とりあえず分解掃除しました。中は結構ほこりがたまっていました😅

シリアルは80万台ですので、ALPSピンク軸になります。

NewImage 28

外観はきれいですが経年変化は否めないので、スイッチ部分に乾式潤滑剤を塗ってメンテナンスします。

さて、今回のものと以前から持っていたもの、両方同じピンク軸なのに、なぜか若干打鍵感は違います。新しい方がしっかり重めです。あまり使われていなかったからでしょうか、クリック感もしっかりしています。こちらのほうが本来のピンク軸の状態なのでしょうか。それともこの時代のものは個体差があるのかな?

これでリビングのパソコンと、レコーディングルームのパソコンが両方とも孤高のキーボードとなったわけですね、バンザーイ🎌なんせ使うコンピュータが変わるたびに、部屋と部屋の間をキーボードもって移動していましたから😕


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

レビューの最近記事

  1. Macでシンボリックリンク

  2. レーザープリンターの印刷で白筋がでる

  3. ALPS オレンジ軸 VS ピンク軸

  4. Apple Extended Keyboard さらにまた!

  5. 黄ばんだキーボードを漂白

関連記事

この記事のコンテンツ

PAGE TOP